VAIO Type PにWindows7導入&チューニング他(覚書)

先日の続きになりますが、、

オークションで購入したVAIO Type Pは小さくて軽くかなり気に入っているのですが、低スペックのためWindows7にアップグレードしても動作が遅いためチューニング(軽量化)を図りました。

IMG_0115

以下はいつか初期化することになった時のための作業内容の覚書です。中にはチューニングに関係の無い設定もあります。

●Windows Vista→Windows7化
SONYから購入したWindows7サプリメントディスクとWindows7アップグレード版CDを使ってWin7化する

●テーマを「Windowsクラシック」へ
デスクトップのプロパティーの[個人設定]で「Windowsクラシック」を選択し、サウンドやスクリーンセーバーはOFF

●コントロールパネルの「システム」
左側の”リモートの設定”で[リモート]タブの”リモートアシスタント”のチェックOFF
[詳細設定]タブの”パフォーマンス”で「パフォーマンスを優先する」を選択
[詳細設定]タブの”起動と回復”でログ書き込みのチェックOFFや”デバック情報の書き込み”をなしに設定

●仮想メモリのページングファイルをなしへ

⚫︎コントロールパネルの「キーボード」
”表示までの待ち時間”スライダーを短くに変更

⚫︎コントロールパネルの「Window Update」
更新方法を「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」にする

●コントロールパネルの「マウス」
ポインタをAero系マウスはやめて軽いスタンダード系を使う

●コントロールパネルの「電源オプション」
の[VAIO省電力設定]で設定項目「画面の色」を最高(32ビット)→中(16ビット)へ変更
※電源オプションのここで設定しないと、PC再起動の度に何故か32ビットへ戻ってしまうため

●コントロールパネルの「ディスプレイ」
「カスタムテキストサイズの設定(DPI)」でフォントサイズを見やすい130%へ

●コントロールパネルの「プログラムと機能」
「Windowsの機能の有効化または無効化」で下記以外はオフにする
Internet Explorer 11
Microsoft .NET Framework3.5.1
Windows Search
メディア機能
∟Windows Media Player

●コントロールパネルの「日付と時刻」
[インターネット時刻]タブで同期を無効化

⚫︎コントロールパネルの「サウンド」
[録音]でマイクのプロパティーで「このデバイスを使用しない(無効)」を選択

●コントロールパネルの「WindowsUpdate」
設定の変更で「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」にする。

●コントロールパネルの「アクションセンター」
「アクションセンターの設定を変更」で全てのチェックをはずす。

●コントロールパネルの「ユーザーアカウント」
「ユーザアカウント制御設定の変更」でレベルを一番下へ
※もし一部のアプリのインストールでUACが無効はインストールNGと出たら、もうひとつ上の設定にしてインストール後、再度レベルを一番下にする

●コントロールパネルの「デバイスマネージャー」
Bluetoothを無効化

●フォントキャッシュを読み取り専用へ
C\Windows\System32\FNTCACHE.DATファイルを読み取り専用へ

●ディスクの最適化スケジュールを無効化
ディスクのプロパティー…ツール…「最適化」でスケジュールをオフ

●VAIO付属ソフト含め使わないソフトはアンインストール
※VAIOソフトでは下記のみ残した
VAIO Entertainment Platform…ワンセグなどに影響あり
VAIO Event Service…Fnキーまわり
VAIO One Touch Startup Tool…VAIOスタートアップ設定ツール
VAIO Update
VAIO Window Organizer…特殊キーまわり
VAIO オリジナル機能の設定
VAIO データリストアツール
VAIO の設定
VAIO モバイルTV
VAIO 省電力設定

●ソフトの自動アッデート設定をオフして時折手動で更新する
Java
Adobe Reader
ソースネクストアップデート
Apple Software Updateなど

●iTunesソフトのインストール後、CRYSTALさんの記事を参考にiTunes周りの軽量化

●タスクバーの通知領域にあるアイコンは必要なものだけを表示へ
例)iCloudソフトのインストール後、駐在アイコンを非表示設定へ

●デスクトップのアイコンは必要最小限にする
デスクトップのプロパティー…「アイコンの自動整列」「アイコンを等間隔へ整理」などはオフ

●Internet Explorer 11のインストール
バージョン情報の「新しいバージョンを自動的にインストールする」のチェックをはずす

●InternetExplorerの軽量化 IE9が遅い・重いので設定いじって少しでも軽量高速化してみよっ! – Let’s モバ!

●軽めのウィルス対策ソフトを導入
ESET Smart Securityなど

ディスクの書き込みキャッシュを無効にする
デバイスマネージャー…「ディスクドライブ」の[ポリシー]タブで「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」のチェックをはずす
※但しディスクがSSDタイプの場合のみ

●不要なサービスを無効化
Windows 7 で不要なサービスを停止してセキュリティ向上、軽量化を参考
⇒私の場合のサービス一覧

●スタートメニューの[スタートアップ]から不要な起動アプリを削除

●不要な駐在プロセスをシステム構成のスタートアップから外す
ファイル名を指定して実行から”msconfig”を実行し、スタートアップの一覧から不要なものをチェックをオフ(ウェブで用途を調べたりして)
msconfig

※普段使わないVAIOのノイズキャンセリング・プロセス(vncutil.exe)分のメモリ節約としては、スタートアップからチェックOFFで外して駐在は無くす。その代わりショートカットを作成し、スタートメニューに登録してイヤフォンを使う時だけ実行させる。

プリフェッチファイルをクリア
C:\Windows\ Prefetch フォルダ内のファイルを全て手動にて削除

●通信最適化
Windows7 回線速度向上化まとめ|俺のメモ帳を参考にしコマンド実行。私はEditMTUではなく、次で紹介するソフトの「MTU/RWIN最適値測定ツール」で測定し、RWIN値も設定。

●何か一つトータル的なチューニングソフトを購入し導入
※私は今のところ「Advanced SystemCare 6」を購入利用中

●チューニングソフト「Comfortable PC」で細かいWindowsの便利機能を無効化
PC-ZERO -ソフトウェア-サイトよりソフトダウンロード

Windows 高速化設定参考

<番外>やっておくとよいこと
●ディスク節約1
Cドライブ直下にあるVista退避ファイル「Windows.old」の削除
こちらの記事を参考

http://support.microsoft.com/kb/933212/ja
>※Win7はクリーンアップ作業後の画面で「システム ファイルのクリーン アップ」を押下しないと「以前の Windows のインストール」項目が表示されないので注意

●ディスク節約2
ディスクのプロパティー…全般で「このドライブ上のファイルに対し、プロパティーだけでなくコンテンツにもインデックスをつける」のチェックをはずす

●空き領域の最適化(SSD
「Defraggler」を用いたSSDに最適なデフラグでアクセス速度を高速化

SSDを導入するなら併用したいWindows 7の設定

Windows 7でSSDドライブをスリムにする10の方法

とここまでやって起動後の利用可能メモリがここまで増えました(作業前の空きメモリは見忘れて不明ですが。。)

参考にタスクマネージャーの各項目の解説はこちらが参考になりました
タスク・マネージャのパフォーマンス・タブの見方(Windows 7/Windows Server 2008 R2編)
空きメモリ

うーん、もっといけるかな。でもかなりもっさり感も減り、普通に使えるようになりました。

“VAIO Type PにWindows7導入&チューニング他(覚書)” への2件の返信

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中