VAIO TYPE Pを再度Windows8.1へ

WindowsVISTAのVAIO type Pは買取的にもほとんどお金にならないので壊れるまで保持することに決め、重い腰を上げてまっさらなWindows8.1にしました。

以前記事で紹介しましたが、Windows8.1化して動作がおかしくなり、Windows7に戻して放置していましたがいろいろ調べ直していけそうなので再度やりました。

その方法を簡単に紹介しますが、だいぶ前の記憶を掘り起こして書いているので一部間違いあるかも、、、

1)VISTAをリカバリ領域を消すモードで初期化
空きサイズを増やしたいし、リカバリDISKも作ってあるのでこのモードで、、

2)買ってあるWindows7のCDで新規にアップグレード
これすっ飛ばしてVISTAからWindows8にいけるのかもしれない、、
またWindow7用サプリメントディスクでWin7にしたい場合は、リカバリーエリアを参照するので、そういう人は1)でリカバリ領域は消してはいけない。私はもうまっさらWindows7でいいやと思ったのでサプリメントは使わずにWin7にしました。

3)買ってあるWindows8のCDでアップグレード
前述したとおり、Win7化しなくとも直接VISTAからWin8にできたのかもしれない。

4)ここからはWindowsUpdateで8.1まで時間をかけてひたすらあげる。

5)以前紹介したWindows8化の先人の記事を参考にVaioの画面明るさ調整、いたわり充電などができるドライバをインストール。

6)SSDモデルのため、空き領域のデフラグを実質(何時間もかかった、、、)

7)クロックアップソフトで133MHzから150MHzへ(以前の記事参照)

8)あとはいろいろ軽量化(以前の記事参照)

これで安定したWindows8.1環境になりました。

処理能力は劣るのでIEのブラウザ読み込みは相変わらず遅いですが、元来すきなパソコンなのでまたしばらく母艦PCは置いておいてブラウズメインで使っています。

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中