iOS9メモリの解放方法

iPhoneのメモリ解放や、アプリの手動クローズはこちらにも紹介があるように、バッテリーを食うために一切やっていなかったのですが、久しぶりに全てのアプリを閉じてメモリを解放したところ、アプリの起動が早くなり感動しました。

私のiPhoneは脱獄環境なので 「Swipe Home」というツールをインストールし、マルチタスクのところでホーム画面を上にスワイプすることで、簡単にアプリが全て閉じれるようになっています。

IMG_5191

※マルチタスク画面でホーム画面を上にスワイプするとタスクから全てのアプリが消える IMG_5190

このような脱獄ツールに頼らずとも、簡単にアプリを全て閉じる(メモリを解放する)方法を紹介されている方もいらっしゃいます。これも便利。

長らくしていなかったのですが、メモリ解放をした後のレスポンスは違いますね。たまにはやった方が良いのかもしれません。

PKGBackupでバックアップ&復元

細かい設定は説明できませんが、私がCydiaのバックアップツール「PKGBackup」を使い、iOS7.0.6脱獄iPhoneのバックアップをiOS7.1.2脱獄iPhoneに復元したやり方を簡単に説明します。

「PKGBackup」をCydiaからインストールしましたら
IMG_0026

iPhoneの[設定]…[PKGBackup]で初期設定をします。

下記は私の例。細かいとこはわかってないですが、リポジトリとCydiaアプリとそのアプリで設定した内容、あとテーマをバッアップしたいので、それに関するものを指定しています(あとはiCloudのバッアップで足りるので)
IMG_0017 IMG_0018

IMG_0019 IMG_0020

【バックアップ】
「PKGBackup」を起動したら右下の○Settingsで、どのストレージにバックアップを取るかを選択する。
IMG_0021

左下の○Backupを押して、上のDetailsボタンを押す。
IMG_0011

画面下部にあるCydia、Files、Others毎に何をバックアップするか詳細に選択していく。
IMG_0012 IMG_0013

IMG_0014

そしたら右上のBackupを押せばバックアップが実行されます。
IMG_0011

これでCydia系のバックアップはとれたので、あとはiCloudで純正アプリや設定のバックアップ後、iTunesの「出荷状態に戻す」で最新のiOS7.1.2にバージョンアップし(直接バージョンアップするのはまずいはず!)iCloudから復元。そしたらPanguなりで脱獄します。

【復元】
再度「PKGBackup」をインストールしたら 今度は真ん中の○Restoreを押す。
IMG_0025
あとは前述と同じで、左上のDetailsを押して(バックアップしたものから)何を復元するか選択して、最後に右上のRestoreを押せば復元が始まる。

アラーム編集アプリ

アラーム時間は頻繁に変えないので強い不満はないのですが、いざ使う機会になると、なにかが使いづらい・・・と感じます。

下記の「Edit Alarms」アプリはアラーム編集、削除を簡単にするものです。
IMG_0755

・左にスワイプでアラーム削除が可能
IMG_0757

・変更したいアラームの時間(下図◎箇所)をタップすると、編集モードになり変更が可能になります。
IMG_0759

↓ 編集へ

IMG_0758

とても自然に使いやすい感じになります。