SSDをWindows 8で使用する時の注意点

Windows8は他OSと異なりSSDの扱いが違うとのこと。
・デフラグは有効のままがよい
・ReadyBoost、SuperFetchも有効がよい

など勉強になりました。

こちら「Windows8、8.1の高速化(重いを解消)と「Windows7」のルックライクにするには 」の記事参考にさせていただきました

VAIO TYPE Pを再度Windows8.1へ

WindowsVISTAのVAIO type Pは買取的にもほとんどお金にならないので壊れるまで保持することに決め、重い腰を上げてまっさらなWindows8.1にしました。

以前記事で紹介しましたが、Windows8.1化して動作がおかしくなり、Windows7に戻して放置していましたがいろいろ調べ直していけそうなので再度やりました。

その方法を簡単に紹介しますが、だいぶ前の記憶を掘り起こして書いているので一部間違いあるかも、、、

1)VISTAをリカバリ領域を消すモードで初期化
空きサイズを増やしたいし、リカバリDISKも作ってあるのでこのモードで、、

2)買ってあるWindows7のCDで新規にアップグレード
これすっ飛ばしてVISTAからWindows8にいけるのかもしれない、、
またWindow7用サプリメントディスクでWin7にしたい場合は、リカバリーエリアを参照するので、そういう人は1)でリカバリ領域は消してはいけない。私はもうまっさらWindows7でいいやと思ったのでサプリメントは使わずにWin7にしました。

3)買ってあるWindows8のCDでアップグレード
前述したとおり、Win7化しなくとも直接VISTAからWin8にできたのかもしれない。

4)ここからはWindowsUpdateで8.1まで時間をかけてひたすらあげる。

5)以前紹介したWindows8化の先人の記事を参考にVaioの画面明るさ調整、いたわり充電などができるドライバをインストール。

6)SSDモデルのため、空き領域のデフラグを実質(何時間もかかった、、、)

7)クロックアップソフトで133MHzから150MHzへ(以前の記事参照)

8)あとはいろいろ軽量化(以前の記事参照)

これで安定したWindows8.1環境になりました。

処理能力は劣るのでIEのブラウザ読み込みは相変わらず遅いですが、元来すきなパソコンなのでまたしばらく母艦PCは置いておいてブラウズメインで使っています。

Vaio Type Pをクロックアップしてみました

私のVaio Type P はAtom Z540ですが「あかわにの巣」さんや「$mobile++」さんの記事を参考に、私もクロックアップ高速化してみました。効果ですが体感的にもわかるくらい少し反応がよくなりました。

CPUの性能測定など詳しくない私ですが少なくともWindowsエクスペリエンス インデックスの結果は下図のように各数字がぐんとあがっていました(効果ありということですよね)

キャプチャ

VAIO Type PにWindows8.1を入れてみた

Windows8.1の機能はぐぐって見て欲しいですが、私もVAIO Type Pに入れてみました。

「意味合いの違うスタートボタン」がデスクトップに追加された影響で、今までフリーソフトで入れていた昔のスタートボタンのソフトは駐在しつつも機能しなくなり、アンインストールしました。

やむなくタイル画面を整理し、いろいろ利用していると、突然画面がブラックスクリーンになり反応しなくなりました。

ただ電源はオンのままになっているので、無理やり電源をオフ&オンして再起動し、また利用するのですが、しばらくするとまた突然ブラックスクリーンになります。

これを繰り返していたら最終的には起動時に下図のようなブルースクリーンが出て二度とOSが起動しなくなりました。

原因は相性かスペック不足か、、わかりません。

もうこうなったら、またVISTA初期化リカバリしかないため、リカバリCDのVAIOレスキューでマイドキュメントなどの大事なファイルを外付けディスクに退避した上でリカバリし、SONYがサポートしているギリのWindows7まで上げてそこまでにしました。

時間がなくソフトのインストールや退避したファイルの戻しはできていませんがコツコツやりたいと思います。

Windows8のアップグレードCDは来たる日が来るまでお蔵入りにしたいと思います。それか売るか、、

また、あくまでこれは私のパソコンでの現象ですので、他のVAIO Type Pも同じ現象になるかはわかりません。元々Windows8化はSONYのサポート外ですし。

最後に画像ファイル掲載を許可下さった いちさんに感謝します。

ハードディスクのEISA構成の削除方法[覚書]

これはいつか(きちんとCD-ROMでリカバリディスクを作った上で)VAIO Type Pのハードディスクのリカバリ領域(約7GB)を「データエリアとして利用したい」場合に備えて、その削除方法の参考文献の掲載場所を書いた覚書です。

※先日Windows8のクリーンインストールをしましたが、それでリカバリ領域も消えるかと思っていたのですがそれでは消えず、きちんとリカバリCDからのWindowsVISTA復元時にリカバリ領域を消す宣言をしないと消えないのですね。

情報参考元…”リカバリ領域の削除

Windowsフォーラム…ハードディスクのEISA構成の削除方法

記事抜粋:

EISA領域は万が一のためのリカバリ領域であるという性質上、安易に「ディスクの管理」から削除できないようになっています。 しかし、コマンドラインツールの diskpart.exe から削除することが可能です。

1.「ファイル名を指定して実行」に “diskpart” と入力
2.”list disk[Enter]”と入力し、ディスク一覧を表示。EISA領域が存在するディスクの番号を確認する。
3.”select disk 番号[Enter]”でディスクを選択。
4.”list partition[Enter]”と入力し、今度はEISA領域のパーティション番号を確認。
5.”select partition 番号[Enter]”でEISA領域のパーティションを選択
6.”delete partition[Enter]”でパーティションを削除

以上の手順でEISA領域を削除できます。参考まで。

========
すでに終わってるようですが、一応
Kazuki Matsudaさんの方法で削除を進めていくと、EISA領域は保護されているのでoverrideパラメータを付けてくれと言われます。

そのため、6で
delete partition override
と入力してEnterを押さないといけません。

========

これさえ済めばWindowsのコンピュータの管理からディスクの管理でフォーマットして完了です。

VAIO Type PのWindowsエクスペリエンスインデックスエラーを解消する方法

VAIO Type Pは兼がねWindowsエクスペリエンスインデックスを測定しようとすると固まったりブルースクリーンになったりと、まともに測定できませんで不満でありました(少なくともWindows7とWindows8では測定できませんでした)

いろいろ調べると原因はグラフィックドライバGMA500にあるようで、回避方法を「雑記日記メモ」ブログのシュガッターさんがこちらの記事で紹介していたので早速ためしうまく測定できるようになりました(感謝)

結果私のVAIO Type Pでは以下の結果がでました。ただどのグラフィックドライバーを使ったのか不明・・・
エクスペリエンス

GMA500 Ver.8.14.10.2011での測定
GMA500 Ver.8.14.10.2011

チューニング前の測定値を知らないのでよくなっているのかどうかわかりませんがとりあえず測定できるようになりとても満足しています。